1. ブルーベリーサプリメント
  2. FANCLの「えんきん」
  3. ≫FANCLの「えんきん」に含まれる成分と特徴について

FANCLの「えんきん」に含まれる成分と特徴について

FANCLのえんきんは中高年男女の老眼など、手元のピント調節を助けるために開発された日本初の機能性表示食品です。目や脳の活性化に良いとされるDHA、アントシアニンの中で最も抗酸化力の高いとされるシアニジン-3-グルコシド、さらに緑黄色野菜に含まれる抗酸化作用を持つ黄色色素のルテイン、サケやイクラ、カニなどに含まれる赤色色素のアスタキサンチンをバランス良く配合しています。

えんきん

アントシアニンは目に良い食べ物とされるブルーベリーに含まれる成分で、ポリフェノールの一種として視神経細胞を活発化させて疲れ目や充血といった症状に良いとされます。また、ルテインは元々眼球に存在する成分ですが、体内で合成することはできず外部から摂取する必要のあるものとされます。

紫外線やブルーライトなどの光から目を守る働きを持ち、年齢によって少しずつ減少していくものですが、これをサプリメントなどで補給すれば目の酸化を防ぐことができると言われています。また、アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持っていて、体内の様々な場所で効果的に働きますが、目や脳にまで到達するカロテノイドはこの種類だけと言われています。

目を酷使していると肩こりや頭痛などに悩まされる人も多いですが、眼精疲労を予防する働きを持つ成分が豊富に含まれているので、それに伴う症状からも解放される効果も期待できます。仕事の途中で目がかすむ、日中でパソコン作業ばかりしているなど目の症状が気になる人におすすめのサプリメントとなっています。