1. ブルーベリーサプリメント
  2. 目の病気
  3. ≫飛蚊症の症状や原因・対処法について

飛蚊症の症状や原因・対処法について

飛蚊症とは

飛蚊症とは明るいところで突然目の前に黒い糸くずやゴミのような影が視界に現れる目のトラブルの一つです。飛蚊症には病的なタイプのものと、加齢やストレスなどによって発症する緊急性のないタイプに分かれます。眼病などが原因の場合には一刻も早い対応が必要になります。最近はストレス性の飛蚊症も多く報告されるようになりました。目はストレスにも左右される繊細な器官ですから少しの変化でもしっかりと日頃から検診を受けて問題のない飛蚊症かどうかを診断しておくと安心です。

飛蚊症の症状

飛蚊症の症状は突然起こることが多いものです。眼病が原因の飛蚊症ですと特に突発的な発症が多くいきなり多数の黒い糸くずが目の前に現れて、瞬きをしても眼球を動かしてもその動きに黒い影がくっついて動くので視界から消えることがありません。この症状は非常に不快でイライラしてしまうことも多いようです。目の前に現れた黒い影が蚊などの虫のように見えるので飛蚊症と呼ばれているのですが、一度この影が現れると自然に消えることは無いと言われています。それだけに一度発症すると一生この影と付き合っていかなければならないので患者が若年層であればあるほどショックであることが多いようです。しかし飛蚊症は慣れてくると脳がこの黒い影をあまり意識しないように仕向けてくれるので日常生活に於いては気にならなくなる場合も多いようです。もちろん意識をすれば、そこに黒い影はしっかり存在しているという感覚です。ですから飛蚊症を発症してもあまり悲観的にならないようにしましょう。

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因でストレスや加齢などの自然発生によるものは特に心配はありません。ストレス性の場合は、ストレスを溜めないような生活を送ればいずれ症状が軽快してくるでしょう。また加齢による自然発生のものについても対処のしようが無いので、そのまま放置していて構いません。しかし問題なのは眼病が原因となっている場合の飛蚊症です。この眼病には網膜剥離、網膜裂孔、後部硝子体剥離などの重大な疾患があります。これらは一刻も早く眼科で治療を行わなければ失明の危険性が高いので注意が必要です。網膜剥離や網膜裂孔の初期症状として飛蚊症が現れることはよくある事なので、突然視界に大量の黒い影が現れた場合にはすぐに眼科に行くようにしましょう。

飛蚊症の治療法

現在飛蚊症を完治させる治療法というのは残念ながら確立されていません。現在行えるのは悪化を防止する対策として網膜剥離や網膜裂孔などの眼疾病の進行をレーザー手術や外科的手術で治療することのみが対処法となります。ですから飛蚊症自体の黒いゴミが見えるという症状を完全に治療することはできないのです。数少ない症例として以前は飛蚊症の元となっている剥がれ落ちた硝子体を取り除く手術を行っていることも海外ではあったようですが手術がうまくいかずに失明してしまう危険性もあったため近年では全く行われていないようです。他にもレーザーにより飛蚊症で見える影を分散させて気にならなくする方法もありますが、これも飛蚊症を完治させる目的ではなくあくまでも飛蚊症の症状を軽減させる方法です。

まとめ

つまり飛蚊症が発症してしまったら、とりあえずはそれ以上に悪化させないために眼の健康を保つ事に留意するしかないという事になります。例えばルテインというサプリメントなどは、あらゆる目のトラブルに関係している活性酸素の増殖を抑えて健康な目を維持する働きがあると言われています。こういったサプリメントを積極的に摂取しながら日頃から目を酷使しすぎないように気をつけるようにして対応していくしかありません。

おすすめのブルーベリーサプリメントランキング