1. ブルーベリーサプリメント
  2. 目の病気
  3. ≫若い世代にも増加中の緑内障。治療やチェックのポイントとは?

若い世代にも増加中の緑内障。治療やチェックのポイントとは?

「緑内障は成人病」という定説が崩れている!?

緑内障は、目から入ってきた情報を脳へと送る視神経という器官に障害が起きてしまい、視野が狭くなってしまう病気のことを指します。治療が遅れると失明になってしまう場合もあるため、危険な病気といえます。

「緑内障」というと主に40代以降に発症することが多い成人病といわれていましたが、近年では若い世代の発症率が増加しています。では、その緑内障の種類と原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

緑内障にはこのような種類があります

緑内障と呼ばれる視神経の障害は、目の硬さをあらわす眼圧が、その人の耐えうる眼圧よりも上昇してしまうことによって発症します。緑内障は大きく分けると以下の5種類に分けることができます。

まず1つ目が「原発開放隅角緑内障」です。この緑内障は徐々に眼圧が上昇し、ゆっくりと病気が進行していく慢性のものです。

2つ目が「正常眼圧緑内障」です。眼圧が正常の範囲内であるにもかかわらず、緑内障になってしまう方々がいますが、こうした方々を「正常眼圧緑内障」と呼んでいます。緑内障患者の約70%がこの「正常眼圧緑内障」であり、欧米人に比べ日本人に多いことがわかっています。

3つ目が「原発閉塞隅角緑内障」です。眼球の角膜と虹彩が接するところを隅角と呼びますが、この隅角が狭くなり、ふさがることで眼圧が上昇し起きる緑内障で、慢性型と急性型とに分かれます。

4つ目が「発達緑内障」です。この緑内障は生まれつき眼内の水が流れるところが未発達であることから起きてしまう緑内障です。

5つ目が「続発緑内障」です。外傷や角膜の病気、炎症や網膜はく離といった他の目の病気による眼圧上昇や、薬剤などによって眼圧上昇が起きてしまう緑内障です。

では、もし緑内障になってしまった場合、どのような治療を行なえばよいかをみていきましょう。

緑内障治療のポイントとは?

一度、視神経に障害を受けてしまうと元には戻らないので、残念ながら緑内障を完治させることはできません。ですので、緑内障の治療というのはこれ以上視野が狭くなってしまわないように、眼圧を下げていくことが基本となるのです。

緑内障はまず、眼圧検査、眼底検査、視野検査などで診断されます。これらの検査でもし異常が見られた場合は、もう一度必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

次に治療ですが、まず、点眼薬による治療です。この治療では、眼圧を下げる効果のある目薬を使います。もともと眼圧がそれほど高くない人でも、眼圧を下げることで緑内障の進行は防げるため有効です。

もう一つの治療法は外科的療法による治療です。上記のような点眼薬を使っても視野が狭まってしまう場合には、レーザー治療などの外科的治療が必要となります。

意外とかんたん!自分でできる緑内障のチェック

前述の通り、緑内障は現在、若い世代の発症率が増加していますが、スマホやPCを長時間使い続けると、眼精疲労や視力低下、そして、強度近視の原因になってしまい、この強度近視が緑内障につながる危険性が高いので、注意が必要です。

しかし、緑内障は自覚症状がないため、気づかぬうちにどんどん進行してしまいます。そこで、早期に発見するために以下のようなチェックを日々行なうようにしましょう。

まず、一方の目を手で隠し、片目ずつ、視野に欠けた部分がないかをチェックします。そして次に、新聞などの細かくて小さな文字で印字された紙面を壁に貼り、中央に目印をつけて約30cmくらい離れた距離から、片目でその目印を見ます。このとき、目線は目印を保ったままにし、まわりの文字が見えるかどうかを確認しましょう。

視野が狭まったところがあったり、まわりの文字が見えづらかった場合などは緑内障の疑いがあるため、病院でしっかり検査を行なうようにしましょう。