1. ブルーベリーサプリメント
  2. 目に関する豆知識・雑学
  3. ≫眼精疲労や視力を回復させる方法

眼精疲労や視力を回復させる方法

目が疲れてしまったり、視力が落ちてしまうと、日常や仕事でも困ったことです。疲労を回復して視力を回復する方法を試してみませんか。

遠くのものと近くのものを交互にみる運動

森
人間の目は酷使されて疲労がたまると、神経が正常なうごきをしなくなってしまいます。ピンぼけして目がかすむ症状がでたり、ドライアイになったり、頭痛や肩こりを誘発し、一時的に視力が衰えたりもします。目の状態を改善していくには、目のピント合わせが重要になります。近くのものをはっきりと見てから、視線を変えずに遠くのものを見る、そんな運動はピント合わせに効果的で、視力回復に役立ちます。たとえば目の前のペンを見つめた後、そのままの視線でペンの向こう側の景色をみつめてみてください。これを繰り返すことで、正確に焦点をあわせるトレーニングになり、視力回復の手助けとなります。

パソコンのモニターやテレビから遠ざかる

PC
仕事ではパソコンの画面に何時間も見入り、日常ではスマホやテレビの画面に夢中になる、そんな生活が現代人の目を疲れさせる原因になっています。毎日のように続く日課になっていますから、疲れ目は進行して視力は少しづつ衰えてしまいます。休日を得たら、モニターやテレビには向かわない生活を心がけてみませんか。パソコンの画面、スマホ、テレビを見ない生活を1日するだけでも、疲れ目にはかなり効果が上がります。仕事が毎日あって無理ということでも、スマホやテレビの時間を少なくし、睡眠をよくとることで目のをよくする効果があります。

眼精疲労と視力回復のサプリメント

眼精疲労
視力回復を図るうえでは、必要な栄養素をとることも大切なことです。視力回復に必要な栄養素はいくつかあります。最近よく目にするのはアントシアニンですが、これは資格情報を伝えるたんぱく質であるロドプシンを回復させるための栄養素になります。これによって眼精疲労の回復や視力アップも期待できます。アントシアニンは、ブルーベリーやカシスにたっぷり含まれています。いまブルーベリーのサプリメントが視力回復に効果ありと言われて人気がありますが、サプリを飲みつつ生活改善をしていくことで、効果は期待できます。

ビタミンAは目の細胞の修復をうながしてくれます。ムチン層と呼ばれる涙を出す細胞の回復をさせることで、ドライアイを防ぎ視力を向上させることにつながります。レバーやうなぎなどに多く含まれています。ビタミンB群は目の視神経や水晶体や周辺の筋肉など、全般の回復に効果のある栄養素です。様々な食物をバランスよく摂取することによってビタミンB群を得られます。サプリメントを飲むことも手軽な方法になります。

ツボ刺激やマッサージ

ツボ
目のツボ刺激や、目の周辺のマッサージによっても視力回復を促すことができます。目の周りには晴明、魚腰、紫竹空、太陽、瞳子りょう、承泣といったツボがあり、それぞれを刺激することによって目の疲れが取れて視力を正常化する助けになります。ツボの正確な位置がわからなくても、目の周り全体の骨を、指先でまんべんなく押してみましょう。頭蓋骨の眼窩の骨を押していくと、固くなった神経や筋肉をやわらかくし、眼の周囲の血行が促進されます。

クール目薬をさす

目薬
清涼感の強いクールタイプの目薬をさして、視力回復の助けにしてみましょう。こうした目薬には、目の新陳代謝を向上させるブドウ糖と、目をすっきりとさせるメントールの成分が配合されています。メントールの配合レベルは製品によってはかなり強いので、選ぶときにはどのくらいクールなのかのレベルを確認する必要があるでしょう。目薬によって目の状態が改善するということは、かなり手軽な方法です。他の方法と組み合わせて試してみてください。

おすすめのブルーベリーサプリメントランキング