1. ブルーベリーサプリメント
  2. 目の病気
  3. ≫ご存知ですか?眼精疲労はドライアイのもとなんです!

ご存知ですか?眼精疲労はドライアイのもとなんです!

そもそも眼精疲労ってなに?

パソコンやスマホに長時間向かっていると、目に疲れを感じる方も大勢いらっしゃいます。このいわゆる「疲れ目」というのは、目をしばらく休ませたり睡眠をとれば治る目の疲れのことを言います。しかし、この疲れ目がよりひどい状態になると「眼精疲労」を引き起こし、目の痛みや充血、かすみ、視力低下などにつながっていきます。

また、眼精疲労は目以外にも頭痛や肩こり、食欲低下、便秘や胃痛などの原因にもなるため、注意が必要です。

さらにひどくなると、身体的な症状を超え、精神的にも悪影響を与え、不安やイライラ、抑うつに発展してしまう危険もあると言われています。

ドライアイは眼精疲労の原因になる!?

こうした眼精疲労の原因の一つにドライアイが考えられます。

ドライアイという言葉自体は聞いたことがあるかもしれませんが、少し専門的に言えば、涙の異常によって引き起こされてしまった目の障害といえます。簡単に言えば乾き目のことを指すわけですが、涙の量が不足してしまうと、目にはいったいどのようなことが起こるのでしょうか。

涙はまず、目の表面を守り、乾燥を防いでくれています。そして、黒目である角膜に栄養を与え、ゴミやばい菌などの侵入を防ぐといった働きをしています。涙はまばたきをすることで涙腺から分泌されるのですが、長時間目を酷使しているとまばたきの回数が減ってしまい、分泌される涙の量も減っていってしまいます。その結果、目の表面がどんどん乾燥していき、眼精疲労の原因になってしまうのです。

痛みを伴わないのがドライアイです。

前述の通り、涙の量が減り、乾き目の状態をドライアイといいますが、このドライアイは自分ではなかなか気づきにくいといった特徴があります。特にコンタクトレンズを使われている方は痛みを伴わないことから、自覚症状が出て病院で検診してもらうまでに時間がかかってしまうケースもあります。

目が疲れ、ゴロゴロしたり、重い、乾くなどといった症状に気づいた場合は、なるべく早めに病院で診察されることをおすすめします。

眼精疲労やドライアイはこのようにして防ぎましょう。

眼精疲労やドライアイは、日常生活において、ちょっとした工夫で防ぐことができます。ぜひ、実践してみましょう。

まず、長時間のパソコン作業は避けましょう。パソコンでの作業をはじめ、細かな作業や集中した運転などは、まばたきの回数が減ってしまうことからドライアイを招いてしまいます。1時間おきに10分程度は目を休め、リラックスすることを心がけましょう。

次に、アイピローやアイパックを有効活用しましょう。このアイピローという目の枕をご存知でしょうか。最近では雑貨店でも簡単に手に入れることができ、目をリラックスさせる便利なグッズで、とてもおすすめです。また、アイパックを使用したり、温かいタオルや冷たいタオルを目の上に置くことも効果的です。その際、目の周りにあるツボにも意識してみましょう。目の周辺にあるツボを押すと、目と目の周りの血行が良くなってきます。こめかみや目頭、そして、眉毛の真ん中などにツボはありますが、手の親指と人差し指の間も目の周辺の血行を良くしてくれるツボがあるので、自分で一日の間でツボ押しの時間を決め、習慣化するようにしましょう。

そして、休憩の際などはドライアイを防ぐための目薬や眼精疲労を和らげるための目薬を使って、目を労わってあげましょう。

このような工夫は家庭はもちろん、仕事場でも簡単にできることばかりです。ドライアイや眼精疲労を悪化させてしまっては前述の通り心身ともに危険であるため、目を疲れさせないためにもぜひ、実践してみましょう。

おすすめのブルーベリーサプリメントランキング