1. ブルーベリーサプリメント
  2. 目の病気
  3. ≫目の奥が痛い方必見!考えられる原因と対処方法について解説します

目の奥が痛い方必見!考えられる原因と対処方法について解説します

目の奥が痛い原因は、眼精疲労だけではありません。改善するために、目薬を使用しても一時的にしか目が楽にならないのは、原因を根本から改善していないからです。また、年だからしょうがないと諦めて放置していると、症状が慢性化して治療が困難になってしまう場合があります。目の奥の痛みには、様々な原因があります。目の奥の痛みにはどのような原因があって、どのような対処方法があるのかについてご案内しますので、ご参考にしてみて下さい。

目の奥が痛い女性

目の奥が痛い時に考えられる原因で一番多いものとは?

目の奥の痛みの主な原因は、目の疲れによるものとなります。長時間のデスクワークの際に、悪い姿勢で仕事を続けていると、首に負担がかかって歪みが生じてしまいます。目の奥の痛みというものは、頭痛の一種でもあります。

頭痛は、首の骨が歪むことで頭痛が起こります。ですので、首の歪みを取ることで目の奥の痛みが取れるということがあります。目の奥が傷む人の特徴としては、後頭部も痛くなったり、首筋が凝っている、といった症状も見られます。

それから、自律神経のバランスが崩れている時は、目の周りにある三叉神経が刺激されて、目の奥に痛みを感じます。特に、体のバランスが不安定な状態になっていると、首に負担がかかりやすく、肩周辺の筋肉が凝って血行が悪くなってしまいます。そうなると、目の血行も悪化して疲れや痛みが出てしまうのです。

前傾姿勢でパソコン

目の奥が痛い+吐き気…これって危険?何かの病気?

吐きそうなくらい目の奥が痛い場合は、偏頭痛が考えられます。脳の血管が膨らんで、目の三叉神経を刺激するのが原因と言われています。食べ過ぎによって体に熱を持たせないことや、長時間前傾姿勢でパソコンを使用し、頭部に血が上って偏頭痛になりやすくなるのを防ぐといった予防法があります。

体は、全身が繋がっていますので、頭痛が原因の場合は、目の奥の痛みの他にもアレルギー性鼻炎・肩こり・冷え・腰痛・下痢・便秘などの体の不調が起きてることが多いと言われています。また、運動不足からくる血行不良によって目の血行が悪くなっていることも考えられる一方で、猫背といった姿勢の悪さから体全体のバランスを崩して、目にも影響が出るといったことが考えられます。

風邪で目の奥が痛い

目を動かすと目の奥が痛いのは風邪のせい?眼精疲労?

目を動かすと目の奥が痛いと感じる原因は、眼精疲労によるものが大きな原因です。目には沢山の筋肉があり、スムーズに物を見ることができるようになっていますが、目を酷使すると目の筋肉が疲れてしまいます。丁度目の奥に位置している外眼筋が疲れてくると、外眼筋が硬くなり、眼球が硬くなったように錯覚して、目を動かすと痛いと感じます。

それから、風邪を引いた時は、くしゃみや鼻水、咳などによって普段使わない筋肉を使用します。目・鼻・口は繋がっていますし、風邪を引いている時は免疫力が低下しているので、目の筋肉にも影響を及ぼして、目を動かすと痛いと感じる場合があります。また、眼圧が高くなり眼球が圧迫されている場合もあり、その場合は緑内障も考えれらますので、気になる場合は眼科を受診しましょう。

体内時計

片方の目だけ目の奥が痛い!これはどうして?考えられる原因とは?

片方の目の奥がズキーン重たいような痛みを感じるのは群発性頭痛の特徴でもあります。この場合、頻度は少ないのですが、1年のある時期、ある時間帯といったように、特定された時間帯に2時間~3時間片方の目の奥が激しく痛みます。併せて、涙が出たり鼻が詰まったり、鼻水が出たりといった症状が伴います。

主な原因は、体内時計の故障と言われています。体内時計を正常に保つ働きをする視交叉上核が、生活が不規則などが積み重なることによって、群発性頭痛を引き起こしてしまいます。

また、左右の顔のバランスが悪くなって歪んでいる場合も、片方の目の奥が痛くなるといった場合があります。片方の目の縁の部分がギュッと圧迫されているような感じがして目の奥が痛いといった場合は、頬杖を付くなどの癖の影響で顔のバランスを悪くしている可能性があります。

くも膜下出血

目の奥が痛い時に考えられる病気とは?放っておくと最悪どうなる?

くも膜下出血

くも膜下出血は、脳を包む「くも膜の内側の血管が出血する病気」です。殆どが、血管に動脈瘤という瘤が出来、破裂することで起こります。40代~50代で発症する人が多く、激しい頭痛や吐き気・激しい目の奥の痛みなどの症状があります。

緑内障

それから、視野が徐々に欠けていく緑内障は、眼圧が上がることで、目の痛み・頭痛・吐き気などの症状を引き起こします。40代の20人に1人が緑内障になっているにも関わらず、自覚症状があまりないので気が付くのが遅れてしまうと言われています。

脳腫瘍

また、脳腫瘍は、手足に力が入らい、ろれつが回らない、視力低下、視野狭窄、物が二重に見えるなどの症状が起こります。場合によっては、目の奥に痛みを感じる場合もあり、群発性頭痛と症状が似ています。

ブルーベリーサプリメント

目の奥が痛い時の対処法まとめ

目の疲れを取るには、肩や目の血行を良くしたり、ストレッチやツボ押しがお勧めです。パソコンを長時間使用する場合は、1時間毎に遠くを見たり、ツボ押しするなどして、目を休ませてあげましょう。目をギュッと閉じたり遠くを見るだけでも、目の負担を和らげることができます。

それから、目に良いと言われているブルーベリーやルテイン、アスタキサンチンなどのサプリメントを摂取するのも有効な方法です。加齢と共に減少していくルテインは、紫外線やブルーライトから目を守る効果があります。

また、普段の食で目に良いとされているカロテンを多く含む緑黄色野菜を取るようにするのも良い方法です。カロテンは、吸収されにくいため、油で加熱調理することで、吸収力を高めることができます。

目を休める

最後に

目の奥が痛む時、それは必ず「体に何か異常が起きている時」、つまりそのサインなわけです。死に直結するような病気のサインである可能性もあり得ますので、不安を持った時は早急に医師に診てもらうようにしましょう。常日頃から自分の体調と向き合うことがスマホやPCを眺めることよりも重要であることを忘れてはいけません。

おすすめのブルーベリーサプリメントランキング