1. ブルーベリーサプリメント
  2. FANCLの「えんきん」
  3. ≫ファンケルの「えんきん」の口コミ ・感想

ファンケルの「えんきん」の口コミ ・感想

趣味は読書とパソコンで、仕事は細かい数字を入力するため、もとから目は疲れやすかったんです。仕事が終わり、一日の疲れを癒すための楽しい読書タイムを過ごすつもりが、視界がぼやけて読書を楽しめず、疲れ目に効くという目薬をさしてみることにしました。でも、翌日も視界は回復するどころか更に見え辛くなり、数日後には物が歪んで見えるようになってしまいました。

網膜剥離なんて他人事だと思っていたのに

視界の一部欠損と歪みで、家の中でもものにぶつかるようになってしまったため、地元の眼科医を受診してみたところ、網膜剥離を起こしている事が判明しました。網膜剥離という疾病そのものは知っていましたが、高齢者やスポーツ選手、格闘家などに起こるものだと思っていたのに、普通に生活をしていても起こるものだったんですね。

目の使い過ぎとストレスからくる免疫疾患で、眼底に炎症が起こり、網膜が剥がれてしまったそうです。一年半の治療により、剥がれた網膜そのものはちゃんとくっ付いたものの、一度剥がれてしまった網膜は多少の歪みが残るという事で、夕方になると遠近感や立体感が分かりづらくなってしまいました。

気休めでも良いから何かに縋りたくて

サプリは所詮は健康「補助」食品ですから、いくら目に効くと言われても、どうせ気休めレベルだろうとは思っていたんです。でも、数字の読み間違いは業務に支障をきたしますし、遠近感が掴めずにものにぶつかり、軽い怪我が絶えなかったため、気休めでも良いからと思い、ブルーベリーを使ったサプリを飲んでみる気になりました。

ドラッグストアや駅の売店などでも売られていて、価格も高すぎず安過ぎず、お手頃感があったため、FANCLのえんきんを選んでみました。ブルーベリーだけのサプリより、疲れ目に効くアスタキサンチン、網膜の保護と回復に役立つルテイン、目の健康を保つDHA、ブルーベリーの有効成分のシアニジン-3-グルコシドを含んでいるため、より効きそうな気もしましたから。

気休め?気のせい?もう手放せない!

えんきんは本当に気休めくらいのつもりで飲み始めたんです。でも、10日目くらいからまた趣味の読書を再開する気になれましたし、2週間ほどで数字の読み間違いも無くなりました。数字を読み間違わないせいで業務も捗り、結果的に目を酷使する時間も短くなりましたし、いつの間にか疲れ目用の目薬を使う頻度も減ってたんです。

3ヶ月くらいでその状況に慣れてしまい、飲み終わってしまっていたのに買わずにいたら、またひどい疲れ目と視界不良に悩まされるようになったため、気休めじゃなかったのだと知りました。時々飲み忘れる事はありますけど、今ではもう手放せない存在になっています。