1. ブルーベリーサプリメント
  2. 目の病気
  3. ≫ドライアイは自分で治せる?!

ドライアイは自分で治せる?!

ドライアイは自分で治せる

ドライアイは今や現代病とも言える症状です、乾いた部屋で長時間パソコン作業をするような方に多い症状です。

パソコン作業の多い方でいつも目がパシパシしているとうい方でも自分でドライアイを治す方法はあります、意外と多いのがドライアイを自分で治すのは無理と思っているです、実はほとんどのドライアイは自分で治すことは可能です。

ドライアイ対策とは

ドライアイの原因はほとんどの場合日常生活にあります、ですから日常生活のある部分に気をつけるだけでドライアイは対策できます、すでにドライアイで悩む方でも症状を良くすることが可能なのです。

まずは眼鏡の方なら眼鏡の選び方を変えるだけでドライアイ対策ができます、ドライアイ専用の眼鏡としてはブルーライト対策眼鏡や保湿眼鏡がおすすめです、ブルーライト眼鏡の場合はどちらかというと乾燥から目を守るよりも目の疲れを抑える効果があります、方や保湿眼鏡の場合は文字通り目の周りの湿度を保つ働きがありますのでドライアイには非常に効果的です。

コンタクトの場合でも同様です、基本的にドライアイ対策としてはハードタイプのコンタクトレンズを選ぶことが大事です、その理由はハードレンズのほうがソフトレンズより酸素透過率が高いからです、単純に目に酸素が届く状態であればそれだけ保湿効果があるというわけです。

それ以外にも部屋の環境を作ることも大切です、室内の温度を25度くらいに保つ、そして適度な湿度を保つといったように環境は大切です、しかしながら会社などでは自分1人のわがままでそういった環境を変えることは難しいでしょう。

ドライアイを根本的に退治する

これまでは環境的な部分のドライアイ対策をご紹介しましたが、根本的にドライアイを治すには根本的な原因を取り除くことが必要です、ドライアイは基本的に涙の異常によるものです、ですから同じ環境に居てもドライアイにはならない方もいらっしゃるわけです。

根本的にドライアイを治すためにはなんといっても体内から排出される涙を質のいい涙にする必要があります、ドライアイ対策として目薬を使う方は多いかと思います、ですが、実は目薬を使うことでドライアイを促進することにつながることもあります。

自然に治療するための方法としてはまず暖めたタオルを使うホットタオル法があります、暖かいタオルを目に当てることで目の中でつまった油分を溶かして自然と涙に油分が分泌されることになり、涙の質をよくすることができます、ホットタオルは電子レンジでも簡単に作れますのでタオルを常備しつつ電子レンジなどで用意すればいつでもどこでもドライアイ対策ができるというわけです。

その他根本対策としては意識してまばたきするようにすることです、ドライアイの方の多くはデスクワーク中にまばたきをほとんどしない方が多いようです、ですから数時間に1回程度は休憩して、休憩中にまばたきをするとドライアイには効果的です。

その他にも食生活がドライアイに関連している場合もあります、バランスの悪い食事によって血行が悪くなったり疲労が取れない、病気になりやすいなどといった傾向があるとドライアイにもなりやすいと言えるでしょう。

サプリメントを有効活用

ドライアイに効果がある方法をいくつかご紹介しましたが、なかなか習慣付けするのが難しいという方もいらっしゃるでしょう、そんなかたはサプリメントを摂取してみるのもいいでしょう、ドライアイに効果があるサプリメントは通信販売などでもたくさん販売されています、その中から自分に合うものを選んで飲むようにすれば効果的にドライアイを軽減していくことができるでしょう。

サプリメントは薬ではありませんのでそれほど大きな副作用も心配することなく摂取できます、体の中からドライアイ対策をすることができますので、外部的な刺激と合わせて摂取すればより効果的にドライアイの対策ができるでしょう。

おすすめのブルーベリーサプリメントランキング