1. ブルーベリーサプリメント
  2. 目に良い成分
  3. ≫アントシアニンとは?本当に目に良い成分なの?

アントシアニンとは?本当に目に良い成分なの?

アントシアニン

アントシアニンはブルーベリーやカシスなどに含まれている天然の色素成分です。青紫色が特徴で、ナスやブドウの皮、紫芋などにも含まれています。アントシアニンはポリフェノールに分類されていて、増えすぎて体内で悪い影響をもたらす活性酸素を取り除く働きがあります。

アントシアニンで有名なのは、目に対する効能

「アントシアニンを摂取すると視界がはっきりする」と評判になっていますが、これは目の中の機能に関係しています。人間が物を認識する時には、目から入った光の情報が角膜や瞳孔、水晶体や硝子体を通って網膜に届きます。光の情報を受け取るのはロドプシンという物質で、分解と合成を繰り返して情報を脳に伝えます。

しかし、年齢による衰えや目を酷使して疲労がたまってくると、ロドプシンの働きが鈍くなるため、見えにくさを感じてしまいます。アントシアニンにはロドプシンの合成を手助けする働きがあるので、視力機能や眼精疲労に効果的とされているのです。

白内障・緑内障などの眼病予防にもアントシアニンが良い

抗酸化成分でもあるアントシアニンは、紫外線による水晶体の劣化を抑える役割もあるため、白内障や緑内障などの眼病予防にも良いと言われています。近くの物に対してピントを合わせにくくなる老眼も、活性酸素が大きく関係しています。老眼は水晶体の柔軟性が失われて調節機能が衰えてくるために起こるので、抗酸化成分で細胞の酸化を抑えることで、発症を遅らせる効果が期待できます。

毛細血管を丈夫にする効能でも注目されています

毛細血管は体のすみずみまで栄養を運ぶために必要な血管ですが、食事や生活習慣で血液の流れが悪くなったり、血管そのものが劣化してくると、細胞を活性化させる栄養が届けられなくなるので、細胞の老化が促進してしまいます。

アントシアニンに含まれるデルフィニジンには、炎症を抑えてコレステロールの酸化を抑える働きがあり、毛細血管を良い状態に保つ効能が期待されているため、エイジングケアにも利用されている成分です。

おすすめのブルーベリーサプリメントランキング